再生可能エネルギーの今後

劇的な変化が訪れている再生可能エネルギー業界、特に太陽光発電業界を中心に、再生可能エネルギー業界の今後について予測しました。

再生可能エネルギーはまだまだこれからが本番

ネガティブな報道も多い再生可能エネルギー業界ですが、まだまだこれからが本番だと考えております。 FITの開始により、大きく成長した再生可能エネルギー業界ですが、最短で見積もっても、あと3~4年は成長を続ける市場であると考えております。

改善は徐々に見られるが、日本の今後の課題はインフラ整備。

長い目で見ると、2030年までにPVだけで総電力の30%制度の不備により、70GWもの設備認定が申請され、九電ショックを皮切りに、多くの電力会社で認定保留という事態が発生しました。 一時業界は騒然としましたが、国内での太陽光発電をはじめとする再生可能エネルギーの導入可能量を冷静に計算すると、年間10GW程度が限界です。 つまり、未導入の在庫が少なくとも3~4年程度は残っている計算になります。

出力抑制の問題などもありますが、日本がヨーロッパなどに対して輸出しているハイテク電力システムインフラが日本自体にも導入されれば、1秒単位で抑制のコントロールをすることが可能になり、無駄になる電力を最小限に抑えることができます。 また、蓄電池などの設置も進み、インフラレベルでの総合的な電力システムが着々と整っていくことが予測されます。

上記のような理由より、再生可能エネルギーの未来は明るいと考えております。 当サイトは今後も、業界の発展に全力を尽くしてまいりますので、これからもどうぞよろしくお願いいたします。