100%即時償却可能な新しい節税手法 「生産性向上設備投資促進税制」をご存知ですか?

平成26年1月20から平成28年3月末日までに対象となる最先端設備を取得した場合、その取得額の即時償却または5%の税制控除が可能となりました。

この生産性向上設備投資促進税制は、太陽光発電所でも利用することができます。

但し、グリーン投資減税とは条件が異なっており、利用する際は注意が必要です。

対象と期間は以下のとおりです。

[本制度の対象者]
・資本金または出資金の額が1億円以下の法人
・資本金または資本金を有しない場合は、常時使用の従業員数が1,000人以下の法人
・常時使用の従業員数が1,000人以下の個人事業主
・農業共同組合等

 

[適用期間]
即時償却または税額控除5%・・・・平成26年1月20日から平成28年3月末日まで
特別償却50%または税額控除4%・・平成28年4月1日から平成29年3月末日まで

 

グリーン投資減税よりも条件が細かくはなっていますが、ほとんどの中小企業であれば条件はクリア出来ます。

あとは設備ごとの仕様によりますが、弊社にご相談頂ければしっかり調査した上で確実なものをご紹介させて頂きます。

 

来期も100%即時償却を利用できる可能性があり、更にその後も50%即時償却と2年以上はまだまだ使えそうですね。

価格高騰や3月完工という決断まで時間がなく今回グリーン投資減税100%を諦めた企業様もいるかと思います。

本制度を使うことで4月以降完工連系の発電所も100%即時償却を利用できるチャンスです。

既に利用されている企業様もいらっしゃいますので、まずはお気軽にご相談下さい。


24時間365日無料対応
0120-947-279

経済産業省「生産性向上設備投資促進税制」ページへ

業界ニュース に関する記事