産業用太陽光発電は投資です。

他の投資の場合その対象というのはたとえばどこにあるでしょうか。
不動産であればよく東京の方でも福岡市や札幌市のマンションに投資されたりします。
また金融ともなれば株や債権や外貨はものとしての実感はないものの、ドル建ての投資信託であれば、国外での運用によって利回りが決まって来ます。
翻って太陽光発電の投資の場合を考えてみると、お近くの場所で探されるかたが比較的多くなっています。これは発電の具合が地元だとわかりやすいことや、何かあったときにすぐ見に行けるという安心感のためと言われています。
ただ、たとえば今東京電力管内では抑制がありません。したがって運用として安心できる物件が多いのは確かです。この場合、九州在住の方でも九州にこだわらず、東京電力管内の物件を検討すると、投資先としては選択肢が格段に増えます。
太陽光発電の様々の状態は購入時には実地検分するとしても、以後はプロの業者に依頼されるという選択肢もあると思います。投資である以上距離よりも投資としての有利さを第一義に捉える、これもひとつの考え方ではないでしょうか。
投資 拡大

太陽光発電 に関する記事