産業用太陽光発電の万が一に備える保険は、どのようなものにすべきなのか

産業用の太陽光発電システムは、メンテナンスこそ推奨されていますが、その故障の度合いはさほど高くはありません。

しかし、太陽光発電システムを取り巻く要因は、部品故障などの内的要因だけでなく、自然災害やいたずらなどの外的要因も存在します。
あらゆる要因による故障に対して補償してもらうためには、産業太陽光発電システムも保険に加入することが求められています。

産業用太陽光発電システムになぜ保険が必要か

地震で倒壊する建物の写真

住宅用と比べて、産業用の太陽光発電システムには莫大な初期費用が投じられます。

住宅用でしたら自宅の屋根についているものですので、自然災害やいたずらによる故障にもまだ気づけますが、産業用太陽光発電システムは24時間監視できるわけではありません。
産業用太陽光発電の場合、短くても10年、長いと20年間をかけて初期投資分を回収し、利回りを生み出さなければなりません。
安定した売電収入を確保したいのに、壊れてしまっては利益を生み出すこともままならず、その穴埋めとして保険金が必要になってくるのです。

産業用太陽光発電システムに必要な保険は

数多くの保険商品がある中で、産業用太陽光発電にはどのような保険がふさわしいのでしょうか。

火災保険の主な補償内容 動産総合保険の主な補償内容
火災、落雷、破裂、爆発、風災、雹災、雪災
建物の外部からの物体の衝突、盗難、水災 運送中の事故(衝突・脱線・転覆など)
電気的及び機械的事故 航空機の墜落及び航空機からの落下物による事故
建物や構築物の倒壊
その他偶然な破損事故 その他の不測かつ突発的事故

一般的にまず思い浮かぶのは「火災保険」です。
火災保険といっても火災のみを対象とはしていません。
落雷や雪害、破裂に爆発、風災に雹災などの自然災害を広く補償してくれます。
建物の外部からの物体の衝突や盗難などの外的要因も補償の対象となります。
最も大きいのは「電気的・機械的事故」も補償してくれる点でしょう。
故障原因として多いパワーコンディショナーや配線の故障なども、しっかりとカバーしてくれます。

火災保険以外には、「動産総合保険」もおすすめです。
火災保険と補償内容が重複する部分も多いですが、火災保険にはない「不測かつ突発的な事故」という想定外のケースにもしっかりと補償をしてくれます。
産業用太陽光発電の保険は、この2つの保険を軸に構成していくといいでしょう。

太陽光発電 に関する記事