炭素税って何?

目次

  • ひっそりと増えている「炭素税」とは
  • 80年後の地球
  • これからは「太陽光発電」

ひっそりと増えている「炭素税」とは ?

「炭素税」は、環境破壊や資源の枯渇に対処する取り組みを促す環境税のひとつであり、具体的には、石炭・石油・ガスなどの化石燃料に、炭素の含まれる量に応じて税金をかけて、化石燃料やそれを利用した製品の製造・使用の価格を引き上げることで需要を抑制し、結果としてCO2排出量を抑えるという経済的な政策手段です。

つまり、地球環境の保全の為に努力した企業や個人が得をして、その努力を怠った企業や個人はそれなりの負担をすることになるということです( ゚Д゚)

80年後の地球

こういった取り組みの根底にあるのはやはり

地球温暖化

地球の温暖化がこのまま進むと、2100年には最大5.8度地球の気温が上昇し、洪水や干ばつなどの異常気象が頻発して、人間の生活の基盤が失われてしまうといわれています。

地球の温暖化を防ぐためには、CO2(二酸化炭素)などの温室効果ガスを減らさなければならず、


「パリ協定」などの規制など脱炭素社会に向かって移行していくものと見込まれており 長期的に大きな排出削減が必要となります。

しかし日本のCO2排出量の削減は進んでおらず、今の政府の政策だけでは不十分なことは明らかであり、今後も炭素税 [日本では地球温暖化対策税] はひっそりと上がっていくことが予想されています。

パリ協定の発効を受け、世界は今後、脱炭素社会に向かって移行していくものと見込まれており、日本も2050年80%削減や、その先の脱炭素化を目指して政策を進める必要があります。

そのためにも炭素税や社会炭素の排出に対して価格を付ける「カーボンプライシング」、環境への負担が少ない「再生可能エネルギー」の役割は大きいと考えられています。

これからは「太陽光発電」


再生可能エネルギーの中でも 環境にやさしく、資産運用としても注目を集めているのが「太陽光発電」です!

↑クリック

本サイト「リンクス」では、日本全国の投資用太陽光発電所を販売しています!

・資産運用をお考えの方

・遊休地を利用したい方

・副業を考えている方

是非とも「リンクス」にご相談ください!

太陽光発電 に関する記事