太陽光発電投資ファンドにはメリットがいっぱい

太陽光発電事業を行う合同会社に出資をすることで、個人でも全量買取制度の恩恵にあずかれるとして注目なのが、「太陽光発電投資ファンド」です。
このファンドには、数多くのメリットがあります。

資金運用にもってこい

バンクカードのイラスト

今では、大手銀行で定期預金を利用したとしても、それに対してつく利子は雀の涙程度です。
太陽光発電投資ファンドの一例を申し上げますと、平均の年間分配率は8.5%程度。
仮に100万円を出資した場合、年間85000円の配当が予定されていますので、12年もあれば出資した分は十分に回収可能です。
銀行の定期預金よりも、はるかに利回りが高いですね。
毎年配当されますので、計画的な資金運用もできます。
太陽光発電投資ファンドの配当を使って暮らしにゆとりを持たせる、配当金を積み立てるなど使い方も自由です

貢献している気持になれる

地球のイラスト

太陽光発電投資ファンドに出資をしていると、地球環境の保護に貢献している気持になれます。
実際に貢献をしているわけですが、太陽光発電投資ファンドを利用することで、再生可能エネルギーの普及が一層促進されます。
貢献をするのは地球環境といったマクロな視点だけではなく、地域経済といったミクロな視点でも貢献できます。
再生可能エネルギーに投資をして、そこから利益を得ることで地域活性化を促進しようとする資源エネルギー庁ですが、太陽光発電投資ファンドはまさにその典型ともいえます。

万が一の時もリスク回避

一戸建てを手にとる売主と買主のイラスト

出資金は、特定の太陽光発電設備にのみ投資されます。
他の事業に投資されることはありませんので、安定した収益を見込める太陽光発電設備は低リスクで長期間にわたって利益を見込めるのです。
太陽光発電設備にもメンテナンスやリスク管理は必要です。
もちろん、メンテナンスやリスク管理を出資者が行う必要はありません。
業者がしっかりと行ってくれますし、発電所の様子を出資者がインターネット経由で見ることもできます。
万が一出資者に何かがあった時でも、業者に司法書士が常駐していますので、資産の継承もスムーズに行えます。

太陽光発電投資ファンドにはリスクもあります

太陽光発電 に関する記事