太陽光発電所セカンダリーマーケット

太陽光発電所セカンダリーマーケットとは?

稼動後1年後、数年経過した太陽光発電所が再び取引される市場のこと。
個々の取引ベースでの実例はあるようだが、現状ではまだまだ決してマーケットと言えるほどの規模には至っていない。
今年6月末をもって、プレミア買取期間が終わり、買い取り価格が27円に引き下がった。出力制御ルールが変わり、地域によっては無制限・無保証の出力抑制を受けるところもある。それに伴い系統連携のハードルも上がっているのが現状だ。
ならばすでに稼動している発電所、40円や36円案件の購入を検討してはどうだろ
うか?

実際に稼動済みの発電所を買いたいという話は多い。
煩雑な許認可手続きは完了し、建設リスクもない。セカンダリーの売買ならネガティブチェックだけで良い場合だってある。
弊社でも現在セカンダリー物件の買取に力を入れている。

当サイト「リンクス」でも大々的にセカンダリー物件の買取アピールを打ち出していくので、
是非セカンダリーマーケットという観点からも当サイト「リンクス」をチェックして見て下さい!

太陽光 セカンダリー 拡大

太陽光発電 に関する記事