物件選びのヒント

土地付き太陽光発電システムは短期投資ではなく、長期にわたる投資です。
太陽光発電システムで生み出した電気を買取る固定価格買取制度での買取期間は20年となっていますので、土地付き太陽光発電も20年間は収益をあげ続けます。
そして保守管理や太陽光発電システムを販売している業者との付き合いも長くなることから、最初にしっかりとよい物件を見極める必要があるのです。
土地付き太陽光発電で収益をあげ、効率的な投資が出来るかどうかは物件選びにかかっているといっても過言ではありません。

物件選びの4つのヒント

1.日照率をチェック

太陽光発電システムは太陽光がないと成立しないシステムでもあります。
そのため、家庭用太陽光発電システムを導入するときには事前の調査が行われ、どの部分にどれくらい日光が当たるかを確認します。
産業用の土地付き太陽光発電に投資するときも、対象となる土地の日照率はチェックしておきましょう。
システムはもちろんですが日照率によっても太陽光発電でしっかり発電できるかの違いが出てくるからです。

2.メンテナンス体制チェック

太陽光発電はメンテナンスフリーではなく、適宜メンテナンスが必要です。
パネル製作会社も工夫と研究を重ねて経年劣化に耐えうる太陽光発電パネルを作ってはいますが、時間が経てば少しずつ発電能力は落ちていきます。
そして雨風、雪、配線関係、動物の糞など予想外のトラブルも発電能力を落とす原因です。
土地付き太陽光発電の投資のための物件を選ぶときにはメンテナンス体制のしっかりした会社が管理する物件の方がよいです。

3.防犯と保証制度

土地付き太陽光発電の投資物件選びのヒントの3つ目は防犯対策・保証制度です。
メンテナンス体制と似ており、防犯対策や保証制度をきちんと説明できる会社の方が良いです。
設備が壊れてしまった時、どのような自然災害の場合に設備保証があるのか、周辺環境を考えたうえで適切な防犯対策がなされているかを聞いてみてください。
土地付き太陽光発電への投資の場合は、遠方への投資も十分考えられます。
常に自分が保守管理できるわけではないからこそメンテナンス、防犯、保証制度を確認するべきです。
防犯についてはフェンスなどを設置している物件もあります。

4.物件の比較

土地付き太陽光発電システムに投資するときには、いくつかの物件を比較することがお勧めです。
投資用の太陽光発電システムと土地を販売する会社は多くあり、それぞれの物件に特徴があります。
日照量、発電量、防犯、保証制度、メンテナンス制度など多面的に見た場合に弱い部分、強い部分が出てきます。
どんなところを重視するのか、そしてどのような物件が自分の投資にとってベストなのかを判断するためにも、物件選びの際にはいくつかの物件を比較してみることをおすすめします。
リンクス(LINKS)では一括でのお問い合わせ機能を提供していますので、物件の比較の際に是非お使いください。