土地付き太陽光発電とは

大注目の土地付き太陽光発電

土地付き太陽光発電はいま、最も注目されている投資対象の一つです。

従来、太陽光発電といえば自宅に設置するものというイメージが強かったようです。
例えば災害時の非常用電源、家庭での光熱費削減、環境への効果などが太陽光発電を導入する主なメリットでした。
ですが、そんな太陽光発電が投資としての意味を持ったのが2012年の7月から開始された固定価格買取制度です。

固定価格買取制度は太陽光発電システムで発電された電気を電力会社が一定期間買い取る制度です。
2013年度は1kWhあたり36円(税抜)、2013年度中に申請が完了した土地等に設置したシステムなら20年間その価格での買取が行われます。
このことから、太陽光発電システムの利用で投資が出来るようになりました。

太陽光発電で数十キロワット、数百キロワットの電気を生み出して利益を得るのが太陽光発電投資です。
家庭用ではなく産業用(10kW以上のシステム)は多くの電気を生み出せるので、初期の投資金額よりもリターンが多くなる見込みも十分あります。
ですがその一方で、太陽光発電投資をなかなかスタートできない理由もあります。

太陽光発電投資の開始における問題点は以下のようなものです。

  • 1.土地を用意できない
  • 2.土地に設置する太陽光発電システムの費用を調達できない
  • 3.土地買取、太陽光発電システム取付までの一連の時間ロス

太陽光発電システムの投資に興味はあってもまとまった資金がない場合や、土地探し・システム設置の時間ロスが大きいためになかなか太陽光発電システム投資をスタートできない方におすすめなのが土地付き太陽光発電です。

土地付き太陽光発電とは、すでに土地と太陽光発電がセットになっているということです。
企業が建設した(または今後建設予定の)太陽光発電システムに投資家が投資します。

土地付き太陽光発電への投資メリットは以下の通りです。

  • 1.土地がなくても簡単に投資できる
  • 2.場合によって一定の区画のみへの投資も可能
  • 3.土地探し、太陽光発電システム検討など時間ロスのカット

土地付き太陽光発電への投資なら土地がなくても企業が土地を用意して太陽光発電を取り付けているので、すでに建っている分譲マンションへの投資と似ています。

分譲型・土地賃貸型の土地付き太陽光発電

土地付き太陽光発電は分譲型と土地賃貸型に分かれています。
分譲型は言葉の通り、土地をそのまま買い取る方式、土地賃貸型は20年間の借地権付きでの賃貸となります。
どちらにしても投資した太陽光発電が生み出した電気は電力会社に買い取ってもらい、それが収入となります。

買取価格と買取期間

土地付き太陽光発電への投資で得る収入は、太陽光発電が生み出した電気の買取によるものです。
この電気の買取についてですが、2013年度は1kWhあたり36円(税抜、産業用・10kW以上のシステム)となっています。
買取期間は20年間で、1kWhあたり36円(税抜)での買取が20年行われ、年度内に取付と申請を行っていれば途中で買取価格が変わることはありません。
なお、この1kWhあたり36円(税抜)は実は世界的に見ても非常に高額な買取価格とされています。
太陽光発電先進国のドイツでの買取価格は2012年度(屋根設置30kW-100kW)で23.2ユーロセント、日本円にすると約32.6円(2014年2月)となります。
買取価格が高く、尚且つ買取期間もしっかりと保証されているため太陽光発電投資への注目が集まり、土地付き太陽光発電への注目も集まっています。

当サイトでは太陽光発電販売会社が提供する投資物件の検索の他に、土地付き太陽光発電に関する情報も発信しています。
総合的な太陽光発電サポートを行っていますので、参考にしていただければ幸いです。