太陽光発電はメンテナンスの時代へ

今回は太陽光の発電効率や売電収入の向上に欠かせないパネル清掃の新時代についてご紹介致します。

 屋外に設置されている産業用太陽光パネルには、鳥の糞や落ち葉などの固形物、花粉や黄砂、火山灰などの堆積物に至るまで様々な汚れによる発電効率の低下が問題となっていました。そのため、パネル清掃は不可欠ですが、これまでの清掃は高圧洗浄機やモップを用いた人力による作業だった為、高額な人件費、長時間に及ぶ重労働を必要としていました。例えばメガソーラー物件のパネルだと4、5名の作業員で丸四日間ほどの時間を要していました。これらの問題を解決できるのが太陽光パネル洗浄システム“ウォーカーズ”です。

JET 本体

どんなに優れた太陽光パネルでも屋外にあれば汚れていきます。どんなに高性能を謳う太陽光パネルでも、屋外に設置されている限り汚れは堆積していきます。当然、堆積した汚れは出力低下の原因となります。 大規模なパネル施設であればその損失は多大なものであり、パネル清掃は必然です。 専用の洗浄機と最低限の人員で1㎡100円(税込)という業界トップクラスの優れたコストパフォーマンスで、メンテナンスを見直してみませんか??
洗って低コストで綺麗にすれば、収入が変わります。汚れていたら減収、洗えば増収、それだけです。

JET 23%UP

既に稼働中の太陽光発電設備をお持ちの個人、法人のお客様、太陽光の新しいメンテナンスの形として、今回このウォーカーズをご紹介させていただきました。非常に優れた製品となっておりますので詳細をお聞きになりたい方や気になることがあれば何でも、一度リンクスまでお問い合わせをして頂ければと思います。

太陽光発電 に関する記事