太陽光発電の投資ファンドへの出資で、出資者と運営側がなすべきリスク管理

どんな投資にもリスクはつきものです。
それは、太陽光発電の投資ファンドに出資する際にも変わりありません。
しかし、リスクマネジメントをすることによって、万が一リスクが発生した際の被害を最小限に抑えることができるのです。

出資者側は少額の分散投資

資産のイラスト

自ら太陽光発電の設備を設置して、自分で管理やメンテナンスを行う場合は膨大な手間と資金が必要となります。

膨大な資金と手間を、一つの太陽光発電設備に集中的に投資するため、万が一その設備が収益を生み出さない状態になった時には、大ダメージを負ってしまいます。

多くの太陽光発電の投資ファンドは、一口単位で出資を募っています。
一口の金額50万円程度からと、決して高い買い物ではありません。
出資者は、残りの資産を別の太陽光発電の投資ファンドに出資しても、別の再生可能エネルギーに投資しても構いません。

株やFXはリスクが高い金融商品ですが、太陽光発電の投資ファンドは、どちらかというと「万が一の保険」という意味合いでしょうか。

運営者側は独立した合同会社を設立

指差しするビジネスマンのイラスト

リスク管理が求められるのは出資者側だけでなく、運営側にもいえることです。

自然災害等のリスクは、火災保険や動産総合保険によって、万が一の際にも保険金が支払われます。

しかし、自然災害などの外的リスクだけではなく、内的リスクもはらんでいるものです。
例えば、太陽光発電の投資ファンドを運営している会社の経営状況が悪化した場合に配当金が支払われない可能性があるという内的リスク。

これを回避するため、運営側では「倒産隔離」の手法をとっています。
独立した合同会社を設立して、その合同会社をファンドの組成者とします。
こうすることによって、万が一運営母体の財務状況が悪化しても、独立している合同会社とは切り離された状態にありますので、資産の安全性が高まるのです。

産業用太陽光発電の異常にいち早く気づくことができる遠隔監視システム

太陽光発電 に関する記事