太陽光発電の投資ファンドに口座開設をするためには何をすればいいのか

どんな投資でもいえることですが、投資をする際には投資専用の口座を開設しなければなりません。

元手となるお金や配当金など、投資のお金に関するあらゆる手続きは口座を経由して行われます。
それは、太陽光発電の投資ファンドにもいえることですが、口座開設はどのような流れになっているのでしょうか。

口座開設を申し込む前に

銀行のイラスト

投資ファンドの口座開設は、誰でも簡単に行えるわけではありません。

太陽光発電の投資ファンド口座開設には審査があります。
手続きは5営業日ほどで口座開設は完了します。
口座開設も、口座維持のための費用も一切かかりません。
ただし、未成年者の方や海外在住の方は、日本国内の投資ファンドの口座を開設することができないため注意しましょう。

投資ファンドの口座を開設しよう

運転免許証のイラスト

太陽光発電の投資ファンド口座を開設するためには、本人確認書類を提出しなければなりません。

「犯罪収益移転防止法」によって、業者が確認しなければならない義務となっています。
個人が申込みする際の本人確認書類は、氏名と住所、生年月日が書かれているものを求められます。
具体的には、運転免許証や健康保険証、パスポートや住民票、印鑑登録証明書に住民基本台帳カードなどとなります。
住民票と印鑑登録証明書はコピー不可のため、必ず原本を提出しましょう。
また、記載されている住所と現住所が異なる場合は、使用できません。

法人で太陽光発電の投資ファンドに出資をする場合もあるでしょう。

その場合は、法人を確認するための書類が必要となります。
登記事項証明書がそれに相当しますが、こちらもコピー不可のため必ず原本を用意しましょう。
また、法人で取引をする担当者の本人確認書類も必要です。個人で申し込む場合と同じ書類が必要となります。

太陽光発電の投資ファンドの募集要項には、どのようなことが書かれているのか

太陽光発電 に関する記事