太陽光発電の投資ファンドでは、長すぎる投資期間には気を付けよう

日本には数多くの投資ファンドがありますが、現在その数を増やしているのが太陽光発電の投資ファンドです。

一度太陽光発電のパネルを設置してしまえば、その後は大きな費用もかかりません。
利回りもなかなか高いことから現在注目を集めています。

太陽光発電パネルは20年間は持つ

太陽光発電パネルの写真

現物の設備に投資をする場合、ランニングコストも気にしなければなりません。
つまり、太陽光パネルの設置費用だけではなく、その後のメンテナンス費用も考慮しておかなければなりません。

今では数多くの投資ファンドが投資家を募集していますが、出資をする際にはメンテナンス費用をどのように考えているのか、しっかりと検討しなければなりません。
できれば、メンテナンス費用をあらかじめ織り込み済みで計上している、そのような投資ファンドを選択するといいでしょう。

ただし、メンテナンス費用はさほどかかるものではありませんし、太陽光パネルの性能も向上しており、メーカーでは20年間保証を付けているところもあります。

パネル本体以外にも、パワーコンディショナーや配線関係のメンテナンスもしっかりする投資ファンドを選びましょう。

20年間の出資期間は長い

不安な顔をする女性の写真

出資をする側としては、パネルが20年間もつのは悪い話ではありません。
だからといって、出資の期間もそれに合わせて20年間にする投資ファンドには疑問符が付きます。

銀行の定期預金でさえ最長の預入期間は10年間で、10年を過ぎれば満期となります。
ましてや、元本保証がされない太陽光発電の投資ファンドに20年間も預けておくのは、投資家としては不安な気分です。
様々な投資をしたい方もおり、自分のお金がずっと特定のファンドに固定化されてしまうのを嫌う投資家もいます。

長期間にわたって利回りを確保できる太陽光発電の投資ファンドとはいえど、投資期間は8年から10年程度のファンドを選ぶといいでしょう。

持ち分を返還できる仕組みを構築しており、安心して投資できる、そんな投資ファンドを選びましょう。

太陽光ファンドに出資をする前に、予定地に足を運んでみよう

太陽光発電 に関する記事