太陽光発電の売電事業ではメンテナンス費用も考慮しよう

メンテナンスフリーといわれている太陽光発電ですが、住宅用のみならず産業用や事業用の太陽光発電でもメンテナンスをすることが推奨されています。
パネルを製造しているメーカーも、定期点検をおすすめしているくらいです。

なぜメンテナンスが必要なの?

メンテナンス業者のイラスト

そもそも、太陽光発電がメンテナンスフリーといわれているのは、故障が比較的少ないシステムであることに起因しています。
実際のところ、太陽光パネルの故障はあまり聞いたことがありません。
通常の使用をしている限り、パネルメーカーは15年間から20年間の保証期間を設定しており、メーカー側もこの期間は故障が少ないことを証明しているようなものです。
とはいえ、NPO法人「太陽光発電所ネットワーク(PV-Net)」の2010年調査報告によれば、「故障率が30%」となっており、メーカーによっても故障率に差異があることがうかがえます。
パネル以外の配線などの故障を直すため以外にも、より発電効率を上げるためにもメンテナンスは欠かせません。

50kw以上の太陽光発電システムには点検が義務付けられる

チェックリストの写真

太陽光発電による売電事業を検討している場合、50kw以上の出力を検討しているとすれば注意をしなければなりません。
50kw以上の出力を持つ太陽光発電システムは、法律上「自家用電気工作物」に該当します。
自家用電気工作物に関しましては、電気主任技術者に点検を依頼しなければならず、外部委託をするか自社で選任をしなければなりません。
電気主任技術者による法定点検には別途費用が発生します。
ちなみに、50kw未満の太陽光発電システムの場合には法定点検は義務付けられてはいません。
点検内容も、住宅用の太陽光発電システムと似たような内容であり、規模によって異なりますが1回の点検につき数万円から数十万円程度かかります。

50kw以上の出力となりますと、それ以上のメンテナンス費用はかかると考えておくべきで、それも収益を考える上では考慮しなければなりません。

太陽光発電設置の土地探しで重要なポイントとは

太陽光発電 に関する記事