太陽光投資の「高圧」「低圧」って何なの?

太陽光発電パネルの写真

目次

  • 太陽光投資の種類について
  • 高圧太陽光投資について
  • 低圧太陽光投資について
  • まとめ


太陽光投資の種類について

太陽光発電には大きくわけて2種類あります。

・産業用太陽光発電

・家庭用太陽光発電

そしてさらに、「産業用太陽光発電」も2種類に分かれます。

・高圧 太陽光発電所

50kW以上の高圧連携による大規模な太陽光発電所 こと

・低圧 太陽光発電所

50kW以下の低圧連携による大規模な太陽光発電所 こと


高圧太陽光投資について

高圧連系の場合には発電所(自家用電気工作物)と位置づけされており、

経済産業省令で定められた技術基準に合わせた安全な維持・管理が義務付けられています。

他にも電力会社へ毎月基本料金を払う、管轄消防署等へ保安規定を届け出なければならない等「低圧」に比べて縛りも大きいのが特徴です。このほかにも、キュービクル(変圧器)の設置が必須であったりと、

費用や手間が低圧に比べて多く掛かるにも関わらず、「高圧」の太陽光発電システムが選ばれる理由は何なのでしょうか?

高圧のメリット

・低圧に比べ、大規模な太陽光投資ができること。

・1kWあたりのシステム単価が低圧に比べて安いこと。

規模が大きいほど効率よく稼げるのが高圧太陽光投資の売りです。
上記のメリットから低圧より高圧の方が比較的効率よく稼げることが分かりますが、ランニングコストも考えて運営しなければならず、また中途半端な発電設備だと損をしてしまうため、必然的に大きな設備が必要となります。 ただし、スケールを大きくするには面積が必要となりますので、ローン審査に通るか否かも重要なポイントです。


低圧太陽光投資について

 

低圧 太陽光投資は高圧に比べ 、初期投資額やランニングコストを低く抑えられます。また、ローン審査も通りやすく、初心者でも参入しやすいことが特徴です。さらに高圧で述べたような費用や手間も無く、ランニングコストの金額も安いことがメリットとして挙げられます。

「mega solar」の画像検索結果

低圧 太陽光発電のデメリットは、設置面積が狭く「高圧」ほどの売電収入を得られないことが挙げられます。

ただし、導入件数では50kW未満の低圧は、高圧より圧倒的に多く、高圧に比べ人気が高いのも事実です。

 


まとめ

高圧・低圧それぞれの太陽光投資には当然、メリットもデメリットもあります。

「どちらが絶対的に優れた投資か?」というのはさして重要ではなく、

それぞれのメリット・デメリットを十分に把握したうえで、自分に合った最適な投資プランを見つけることが重要です。

リンクスでは高圧・低圧それぞれの太陽光発電所が多く掲載されており、

自分の予算やプランに合った発電所を探すことができます!

太陽光投資なら、お見積もりもご相談も完全無料のポータルサイト「リンクス」で!

太陽光発電 に関する記事