利回り投資を比較してみたら、すごいことに気づいた…( ゚Д゚)

為替レートのグラフイメージ

現在インターネットの普及から様々な「投資」の情報が誰でも簡単に手に入るようになりました。

しかし、投資に興味があっても結果として何が一番儲かるのか、何が一番自分にあっているのかが分からない。」という方を身近な人に多く見かけます。

自分の身一つで働いて稼ぐのももちろん大切なことではありますが、

その状態では将来のことを考えたときに不安定ですよね?

かと言って最低限の知識がないのに焦って投資をしてしまうのも危険です。

なので今回は様々な投資の比較をして皆様が投資を始める際に

役立つこと間違いなしの投資別の情報の比較をしていきます!


目次

☑投資別利回り比較

☑投資別特徴比較

☑まとめ


☑投資別の利回り比較

今回は代表的な三つの投資の利回りを箇条書きにしてまとめました。

〇不動産投資平均利回り→7%

  ・新築: 5%

  ・中古(築20年くらいまで):5%

  ・中古(築20年~築35年):8%

〇株式投資平均利回り→7.51%

〇太陽光発電投資平均利回り→10%


☑投資別特徴比較

株式投資の特徴

「株式」の画像検索結果

株式投資は、売却益を期待できるのがメリットのひとつです。

証券取引所に上場している企業の株価は、取引の間は常に変動しています。

例)

・業績が好調な企業の株は株価が値上がりする。

・不祥事などの悪いニュースが報じられた企業の株式は株価が値下がりする。

配当金・株主優待

株式投資は保有株数に応じて、配当金や株主優待をもらうことができます。

配当…企業が株主に利益を分配すること。利益が大きければ配当も増えることもありますが、赤字の場合は配当が出ないこともあります。

配当金額は株の金額に応じて支払われるので、保有株数が多くなるほど配当金額も大きくなります。

株主優待…企業が独自に株主に対して自社商品やサービスなどを提供すること。株主の新規獲得や株式を長期保有してもらうために、様々な企業で実施されています。


不動産投資の特徴

不動産投資=利益を得る目的でマンションやアパートなどの不動産に投資をすること。

・購入物件を入居希望者に貸して賃貸収入を得ること

・購入した物件が購入価格よりも値上がりしたときに売却して、売却益を得ること

の主に二つを目的に不動産を購入します。

不動産投資の投資対象はマンション、アパートが一般的ですが、他にも戸建て、駐車場などさまざまな種類があり、それぞれ特徴やリターンが異なります。

新築・中古のワンルームマンション

購入した 新築や中古のワンルームマンションを入居希望者に貸すことで賃貸収入を得る方法です。不動産投資の中では比較的物件価格が安く、初心者でも始めやすいのが特徴です。

一戸あたりの賃貸収入から管理費や修繕積立金を支払う必要があるため、比較的大きなリターンが期待できないことも一つの特徴です。

新築・中古のマンション、アパート一棟

新築や中古のマンション、アパートを一棟購入し、各部屋を入居希望者に貸すことで賃貸収入を得る方法です。まとまった資金が必要になるため、金融機関から融資を受けて購入するケースがほとんどです。

貸せる部屋数が多く、満室に近い状態が保てれば、大きな収入が期待できます。しかし、空室になると賃貸収入から借入金を返済できなくなり、返済が困難になる可能性があります。

また、ワンルームマンションに比べると流動性が低く、売却したくてもすぐに買い手がつくかわからないのも特徴の一つです。

新築・中古の戸建て経営

「戸建て」の画像検索結果

新築や中古の戸建て住宅を購入し、入居希望者に貸すことで賃貸収入を得る方法です。新築は物件価格が高くなりますが、中古は比較的安く購入できる物件もあり、さらに戸建ての入居希望者は主にファミリー層であるため、長期間の入居が期待でき、安定して収入が得られる可能性が期待できます。

しかし、木造住宅も多く、鉄筋コンクリート造のマンションに比べると修繕費などのコストがかかってしまいます。


太陽光投資の特徴

 空室リスク・徴収リスクがない  

建物賃貸の場合、入居者がいないと家賃収入は得らないという空室リスクがありますが、太陽光発電の場合、固定価格買取制度があるので、そのようなリスクはありません。また、家賃滞納などの問題も発生しないので徴収リスクもありません。

 年間の利回りが高く安定収入が見込める土地付き太陽光発電の年間の利回りは一般的に10%前後と他の金融商品に比べても高い利回りになっています。また、固定価格買取制度により長期的に安定して収益を得ることができるので、投資プランを立てやすいという長所があります。 

関連画像

定期点検や清掃は必要になりますが、メンテナンスについては業者に依頼することができるので、自分で管理する手間を省くことができます。さらに、土地付き太陽光投資の場合、融資を受けて、投資をすることができます。

これら土地付き太陽光発電所は、太陽光の専門の業者が土地に太陽光発電に等必要な設備を設置して販売しています。土地と太陽光発電に必要な設備がセットで販売されているため、土地を持っていない人でも太陽光発電投資をすぐに始めることができます。さらに土地を利用する形態には、「購入」する場合と「賃貸」する場合があります。

[売買] 期限の定めがなく土地を利用することができるので、太陽光パネル等の設備が壊れるまで利用することができ、また土地は資産なので、銀行等でローン審査が通りやすいという特徴があります。

[賃貸] 多額の資金を準備する必要がなく、誰でもすぐに始めることができます。ただし返却時に土地を元に戻して返す必要のある場合があります。


☑まとめ

今回上げた投資がすべてというわけではありません。

どういった投資であっても共通して言えることは「知らないことによる損はあっても知っていることは損にならない」ということです。

もちろん自力で調べるには労力も時間もかかりますが、

「リンクス」では太陽光投資のプロフェッショナルがあなたの疑問お答えします!

さらに!

太陽光投資専門のポータルサイト「リンクス」では様々な企業による太陽光発電所の掲載がございます!

完全無料で相談・見積り・資料請求にご対応させて頂いてます!

太陽光発電 に関する記事