個人の方でも「太陽光発電投資ファンド」を使って全量買取を

最近では、1000kw以上の出力を誇るメガソーラーも続々と建設されています。

メガソーラーをはじめとした産業用の太陽光発電設備は、発電した分をすべて電力会社が買い取ってくれる全量買取制度の対象です。
一方で、マンションや一戸建ての屋根についている太陽光発電設備に関しては、全量買取制度の対象とはなっていません。
せっかく電気料金の一部として太陽光発電促進付加金を払っているのなら、全量買取制度を利用したいと考える個人の方もいらっしゃいます。

太陽光発電投資ファンドの仕組みとは

為替レートのグラフイメージ

そんな方には、「太陽光発電投資ファンド」がおすすめです。
これは、個人の市民の方が売電事業のためだけの合同会社にお金を投資することで可能となります。
まず、建設を請け負う業者が発電に適した土地や工場などを見つけてきます。
合同会社を通して、その場所の太陽光発電設備建設に関する出資を募ります。
建設を請け負う業者は、金融庁の登録を受けた業者ですので、お金の心配もいりません。
投資を受け取った合同会社は、そのお金をすべて太陽光発電設備関連に投資してくれます。
合同会社から設置を依頼された建設を請け負う業者が、その場所に太陽光発電設備を建設します。
発電された電力は、もちろん全量買取制度の対象となりますので、電力会社や特定規模電気事業者が買い取ってくれるのです。
売電収入が合同会社に入ると、そこから会社の運営費用などを差し引いた後に、出資者に分配されるという仕組みです。

分配の仕組みは

海外紙幣を手渡す写真

そこで出資者が最も気になるのは、その分配についてでしょう。
まず、合同会社は売電収入の想定を立てるのですが、想定通りですとそこから運営費用をまず差し引き、その残りが出資者に分配されます。
想定よりも売電収入があった場合には、想定よりも多くなった分は全て出資者へ分配されます。
逆に、想定よりも売電収入が少なかった場合には、運営費用も出資者への分配も少なくなります。

太陽光発電投資ファンドにはメリットがいっぱい

太陽光発電 に関する記事