個人が太陽光投資ファンドに出資をするメリットとは

年金による収入も少なく、自分の資金は自分で増やす時代となっています。
そんな時代背景もあり、現在では個人の方の投資熱が非常に高まっています。

その中でも注目を集めているのが太陽光発電の投資ファンドです。

自分で投資をするのは結構大変

困っている男性のイラスト

個人で屋根や土地を持っていれば、有効活用のために自分で太陽光発電のパネルを設置して投資するといったことも可能です。

しかし、土地や屋根を所有していない人は、太陽光に投資したくてもなかなか投資できません。
だからといって、株やFXに自ら投資するには、それなりの勉強をして知識を身につけなければなりません。
FXの場合はレバレッジを利かせることによって、手持ち資金以上の大きな取引をすることも可能ですが、ハイリスクハイリターンな投資には違いありません。

太陽光発電の投資ファンドに出資するメリット

右肩上がりのグラフと喜ぶ男性のイラスト

一方で、太陽光ファンドに出資をする場合は、自分で土地や屋根を持っていなくても投資が可能です。

もちろん、全くの無知な状態で出資をするのは避けるべきですが、株やFXのように知識で武装する必要はありません。
株やFXのようにありとあらゆる経済要因によって左右されるリスクもなく、左右される要因といえば日照時間くらいなものです。
さらに、1人1人の出資金額は大きくなくても構わないのも大きなメリットです。それがたくさん集まれば莫大な出資金となり、その分だけ大規模な投資をすることができるのですから。

自分がクリーンエネルギーである太陽光発電に出資しているというのも、地球環境に貢献している気持になれます。これは、株やFXではなかなか味わえない精神的充足感ですね。

現在では、銀行や信託銀行をはじめ、多くの企業が合同でファンドを設立して出資者を募っています。個人投資家としても選択肢が広がっている太陽光ファンドですので、しっかりと検討した上で出資しましょう。

産業用太陽光発電の投資で銀行の融資担当者が気にしていること

太陽光発電 に関する記事