メガソーラー⓷

前回ブログ(メガソーラー⓶)の最後に挙げた、太陽光発電の高額買取を行っているスペインに生じた問題について触れていきます。

電力会社が赤字に??

スペインは高額の電力買取制度により、太陽光発電が大きく国に広まりました。しかし、スペインの電力会社は再生可能エネルギー由来の電力を高い価格で買い取っていたにも関わらず、政府が電力会社に対して電気料金値上げを認めなかったため、電力会社の赤字が増加したのです。

赤字の累積額は26億ユーロ(約2.6兆円)にも達し、国の問題へと発展しました。その後スペインは固定買取制度の延長を破棄し、電力会社の電気料アップを含めて対応開始したものです。

日本で考えると日本の電力会社は20円で電気を供給して37.8円で電気を買取っているのです。単純に赤字です。つまり、スペイン同様一般の電気料金を値上げして補填します。スペインは電力会社に対して、値上げを認めたなった為大変な問題になりました。

当然、スペインやドイツの教訓を日本でも起こすわけにはいきません。従いまして、売電価格の引き下げはやむを得ないところもあるという事です。

値下げの理由は他に、太陽光発電システムを導入していない個人や企業にとって、買い取り価格がなるべく低い方が電気料金を抑制できます。一般の家庭や企業が負担しているわけですからね。いろいろな状況から日本はこれからも年々買取り価格を下げていくと考えられます。導入を検討されているのであればお早めに太陽光発電投資をオススメ致します。

弊社リンクスではサイトに掲載している案件以外も取り扱いしており、お客様のご要望に合った太陽光案件をマッチングさせていただきます。ご検討のお客様、一度ご連絡をよろしくお願い致します。

弊社リンクスではフェイスブックにて、ブログの通知や投資家向けの有益情報配信などを行っていますので是非いいね!をして頂きたいと思っております。

https://www.facebook.com/links.jpn/

太陽光発電 に関する記事