あの人が太陽光発電にハマる理由 Vol.01

太陽光投資が近年注目されており、今も副業や投資として太陽光発電所を購入する人が増えています。

また、投資家の間でも人気が出ており

「高利回りで長期安定収益」「儲かっている」などのいい面の噂などを聞く方も多くいらっしゃるようで、中にはいい側面ばかりの噂に不審感を覚える人も多いようです。

そういった方の多くは十分な知識がない方、太陽光発電事業の仕組みが理解できていない方達です。

そういった方たち向けに太陽光発電投資のホントの仕組みについてお伝えしていきます。

 

 

————————————-目次————————————-

その1、電気は20年間ずっと同じ価格で販売可能

その2、燃料代がかからない

その3、自動的にずっと発電し続ける

その4、金融機関から融資を受ける際にも有利

その5、節税対策としても有効

まとめ

——————————————————————————-

 

 

その1、電気は20年間ずっと同じ価格で販売可能
2012年7月から固定価格買取制度が開始しました。制度には次の2種類があります。

  • 全量買取制度

太陽光発電システムの発電電力の全量を電力会社が買い取る制度。
[条件]10kW以上の発電所

この場合、の買取期間は20

  • 剰電力買取制度

 

太陽光発電発による発電電力のうち、余った電力(余剰電力)を電力会社が買い取る制度。
[適用条件]固定価格での買取期間は10kW以上の場合20年、10kw以下の場合は10年。

 

 

 


その2、燃料代がかからない?

太陽光発電はガソリン等の燃料代が全く必要ない為、かかるコストといえば

・太陽光パネル代

・そのほか材料費

・設置工事代等の費用

大きく分けてこれくらいなものです。

最近も太陽光販売業者が増えていますが、工事費用込みの販売価格がほとんどです(^^)

 

———————————————————————————————————

その3、自動的にずっと発電し続ける?

太陽光発電所は基本的に日光に当たっている状態=発電中です。

そのため、「空室のないマンション」と呼ばれていたりもします()

だからこそ他の投資と平均値で比較した際に「安定した高い利回り」と言われて、世間でも注目されています( ..)φメモメモ

 

 

———————————————————————————————————

その4、金融機関から融資を受ける際にも有利?

金融機関から投資の為に融資を受ける際、必要になってくるのが事業計画です。

太陽光発電投資は、ほかの投資と違い、国の政策として発電した電気の買い取りを保証してくれています。

また、金融機関の融資先としても太陽光発電投資は好評で、発電設備や土地、自己資金がない人でもファンドやフルローンで事業を始められる点も魅力的です。

 

 

 


 

その5、節税対策としても有効?

設備投資で経費を増やすことは節税に繋がります。

法人の税金は利益から経費(損失した金額)を除いた「所得」に課せられるので、

無駄な出費を増やすことを避け「将来にわたり利益を生み出す設備」に投資すれば、節税対策をしながら、さらに安定した収入源を確保することにつながります!

 

 

———————————————————————————————————

まとめ

太陽光発電投資に限らず、物事には偏見はつきものです。

そういった意見を短絡的にとらえて鵜呑みにしてしまうより、一度向き合って最低限の知識を付けたうえで判断したほうが得だと思いませんか???

選択肢も増えて、知識も増えて一石二鳥。もしくは資産も増えて一石三鳥かもしれません!()

太陽光発電 に関する記事