【知らないとヤバイ】日本が自国民から電力を買う理由がコチラ☟

「ジョブズ」の画像検索結果

国は基本的に「経済成長してすべての国民を豊かにする」ことを重視しており、

近年における最発展分野はやはり

「テクノロジー」

ですよね?

気が付いたら生活の一部となっている

☑ スマートフォン[iPhone]

☑インターネット[SNS/動画/検索エンジン/その他アプリ…etc]

☑家電製品

等の 「テクノロジー」 さらには、

 

これから生活を一変させていく

☑電気自動車/自動運転車

☑ドローン/ロボット

☑ウェアラブル端末[スマートウォッチ/スマートグラス…etc]

いずれも今後は生活の一部として浸透していくと考えられますよね?

 

で、上記の全ての項目に共通する

絶対に必要なモノ

は何だと思いますか?

 

 

 

はい。

電力

です。

 

めちゃくちゃ大切ですよね

今回はそんな電力に関する重要なお知らせがあります。

 

目次

・日本の電力自給率の実態

・ナイスアイデア?日本のとった話題の政策❕❕

・チャンス到来!知らないと損する情報とは?

 

 

 

日本の電力自給率の実態

主要国の一次エネルギー自給率を比較したグラフです。
(注)表内の順位はOECD35カ国中の順位(IEA公表値に基づく)。日本は総合エネルギー統計を基に作成。
(出典)IEA 「Energy Balance of OECD Countries 2017」を基に作成。

上記の図をみてすぐに気づくと思いますが

日本のエネルギー自給率は34位[2017年度]、さらには自国で賄っているエネルギーの割合は

7.4%!?!?!?

上位3か国に関して言えば余剰エネルギーを他国に販売できるほどの余裕がありますが、日本は・・・( ;∀;)

 

悲しいですがこれが現状だと考えて間違いないです。

ですが、日本も何も手を打たないわけではありません!!!

 

 

ナイスアイデア?日本のとった話題の政策❕❕

先ほどの現状を見て政府が目を付けたのが

現在注目されている豊かな自然を生かして電気を生み出す

「再生可能エネルギー」

です。

再生可能エネルギーの普及拡大を目指し、政府はは2012年7月から

再生可能エネルギー

固定価格買取制度(FIT制度)

を開始しました( ;∀;)( ;∀;)( ;∀;)

FIT制度とは…

再生可能エネルギーを利用して発電した電気を、電力会社が一定価格で一定期間買い取ることを国が約束する制度。

⚠ちなみに

買取に要する費用負担は、

電気を利用する国民全員から

2014年8月より

再生可能エネルギー発電促進賦課金(以下、再エネ賦課金)という形で収集されています。

再エネ賦課金は、電気料金に上乗せされる形で、電力会社より各需要家に請求されます。なお、再エネ賦課金は、年度ごとに国が全国一律で決定しており、全国全ての電力会社で同一の料金体系となっております。再エネ賦課金の推移については、下記表をご覧ください。

年度買い取り単価昨年度比標準家庭の負担(300kWh/月)
平成24年度0.22円/kWh年額792円、月額66円
平成25年度0.35円/kWh0.13円(約60%)増年額1260円、月額105円
平成26年度0.75円/kWh0.4円(約115%)増年額2700円、月額225円
平成27年度1.58円/kWh0.83円(約110%)増年額5688円、月額474円
平成28年度2.25円/kWh0.67円(約42%)増年額8100円、月額675円
平成29年度2.64円/kWh0.39円(約17%)増年額9504円、月額792円
平成30年度2.90円/kWh0.26円(約10%)増年額10440円、月額870円
平成31年度2.95円/kWh0.05円(約2%)増年額10620円、月額885円

経済産業庁資源エネルギー庁より出典

ちなみに

多く電力を要する企業の国際競争力の維持・強化のために

、一定基準を満たす事業所は、経済産業大臣の認定を受けることで、

賦課金の減免措置の適用を受けることができます。

 

 

チャンス到来!知らないと損する情報とは?

かつての日本は再エネ大国でした。

1950年代に 日本のエネルギー自給率は水力発電を中心に58%の水準を達成しました。その後、オイルショックを皮切りに1974年に国家プロジェクトとして「サンシャイン計画」が進められました。日本では数多くの再エネ普及策が推し進められ、2004年には太陽光発電の累積導入量で世界一になりました!

 

 

がしかし、2000年代中盤から世界的に環境問題が取り上げられ、世界各国の再エネ競争が加速して、日本は世界一どころか他国のエネルギーなくしてはやっていけない状態になりました。日本もより高度な対応/施策が求められるようになり、先ほど説明したFIT法が誕生しました。

 

FIT法ではkw単価〇円等の固定価格を定めており、

例えば18円で契約すればなんと

系統連系契約をした電力会社が20年間ずっと発電した電力を買い取ってくれます。

こういったシステムを利用してローン決済して購入した太陽光発電所で、毎月ローン金額以上の収入を生み出すローリスクミドルリターンの投資が

太陽光発電投資

です!

株式投資やFXのようにハイリスクを背負わず、

不動産投資のように入居者を気にしなくて済み、

平均利回り10%

で税金対策にも対応しているのが太陽光投資です。

安定した長期的な収入源として期待できることから

とも呼ばれています!

日本中の太陽光発電所が選べる「リンクス」はこちらから☟

さらに、リンクス未掲載案件の情報が手に入る完全無料のメールマガジンは☟

太陽光発電 に関する記事