【日本にはもっと必要なんです!】2019年エネルギー白書から見える日本のエネルギー問題

こんにちは!

日本全国の様々な太陽光発電所を掲載しているリンクスです!👇


今回は 政府が6月7日に閣議決定した 2019年版エネルギー白書 [エネルギー需給動向や2018年度にエネルギー需給に関して講じた施策の概況をまとめたもの]についてまとめてみました(^^)

 

今回の2019年版では、

 

 

福島復興の進捗や 昨今の自然災害への対応と回復力強化に向けた取り組みについて、そして

 

 

パリ協定を踏まえた主要国の温暖化・エネルギー政策について

  

 

も触れていました( ..)φメモメモ

 

 

そこで今回気になるエネルギー政策についてです!

 

  

パリ協定を踏まえた地球温暖化とエネルギー政策

 

 

今回のエネルギー白書では主要国の温室効果ガス削減目標とその取り組み・進捗が整理されています。

 

CO2の排出削減を進めるため、

 

非化石電源比率の引き上げや電化率の向上、

エネルギー供給の低炭素化、そして省エネの為の取り組みなどが日本の課題になっています。

 

非化石電源比率の引き上げとはつまり、

化石燃料などを必要としない再生化のエネルギーを利用した発電システムの普及のことです。

 

というのも、OECD諸国の一人当たりCO2排出量では日本の発電は約8割を火力に依存していることから、一人当たりCO2排出量はOECD諸国の中で

なんと平均以下❕❕( ゚Д゚)

という状況でしたので、2019年はもっともっと

化石電源を減らし、太陽光発電などの非化石電源が増える必要があります。

主要国のGHG削減の進捗状況

日本は供給側のCO2排出削減を強化することが課題となっていることから

以前の記事でもお伝えした通り、日本は完全な非化石電源化の為にも、これからますます「”脱”化石電源 」に力を入れていくと思われています。

固定価格買取制度炭素税などの政策を組み合わせて実行している現在ですが、

もしかすると

今後も上記のような”非化石電源化”の為の政策が増えていくかもしれません( ゚Д゚)

 

 

エネルギー白書等、詳細は下記経済産業省のウェブサイトからダウンロードできます!

【参考】

  • 経済産業省 - 「平成30年度エネルギーに関する年次報告(エネルギー白書)」

太陽光発電 に関する記事