「土地付き太陽光発電」と「太陽光発電投資ファンド」を比較してみる

さほどリスクもなくリターンはそれなりに望める産業用太陽光発電ですが、大きく分けて「土地付き太陽光発電」と「太陽光発電投資ファンド」に分かれます。

この2つの投資方法は、どのように異なるのでしょうか。

投資できるかどうか、その資金について

土地の写真

「土地付き太陽光発電」の場合、自己資金があらかじめ用意できればベストですが、
自己資金が足りなくても銀行などからの融資を受けられれば、投資をすることは可能です。
しかし、基本的には全額を自己負担で行う必要がありますので、設置できるパネルの枚数やグレード、立地条件など選択肢は絞られます。

「太陽光発電投資ファンド」の場合、自己資金を用意しなければなりません。
ファンドへの出資を目的に銀行からお金を借りようとしてもなかなか難しいものですが、土地付き太陽光発電と比べれば、用意すべき自己資金の金額は多くありません。

ファンドは1口単位から購入できますし、1口50万円程度の少額投資もできます。
また、リスク回避のために分散投資をすることも可能です。

権利関係

札束のイラスト

「土地付き太陽光発電」の場合、借地でない限り土地も発電設備もすべて自分の資産です。
よって、それを転売しようが譲渡しようが、そして処分しようが自分の裁量で行えます。

「太陽光発電投資ファンド」の場合、出資者全ての持ち物ではなく、あくまでもそれは「金融商品」の扱いとなります。
よって、その譲渡や解約、そして処分などに関する出資者の権利は制限されています。

管理や手続きについて

山積みの書類のイラスト

「土地付き太陽光発電」の場合、メンテナンスは自分で行わなければなりません。

メンテナンス業者に依頼することもできますが、費用が発生します。
また、事業開始に伴う各種手続きも基本的には自分で行いますが、最近では設置業者が代行してくれるケースも多いです。

「太陽光発電投資ファンド」の場合、各種メンテナンスを行うのは出資者ではなく営業者です。
また、事業開始に伴う手続きも営業者に任せられますので、出資者は何もしなくて構いません。

万が一の際には、産業用太陽光発電の各種権利を相続することもできます

太陽光発電 に関する記事