★太陽光発電所購入資金調達について★

こんにちは!いつも太陽光のリンクスを閲覧して頂きましてありがとうございます。
ブログ更新担当の奥村です、本日は太陽光の資金調達についてまとめてみましたので
ご興味がある方は是非最後までお付き合いください!

太陽光発電所の購入金額(低圧)1基あたり=2,000万円ほどと今まで言われてきましたが、
今の主流は過積載など低圧の申請に対して、
パワコンを50kw以下パネルを60kw以上積んだりする案件も増えてきています!
もちろんFIT価格にもよりますが、低圧の太陽光発電所でも2000万円~3000万円ぐらいする物件まででてきております。
特に関東エリア、中部エリア、関西エリアの物件は割高に感じることが多いです(それでも情報があればすぐに売れてしまうようです)

この2000万円~3000万円の資金調達をいかに行うかが、太陽光発電を所有する場合の鍵になってきます。
一般的な購入方法は、以下の方法が考えられます。
①)現金
②)銀行の融資
③)日本政策金融公庫の融資
④)信販ローン(クレジット)

①現金の場合
現金で購入される方のほとんどは、利益の出ている法人と考えられます。
ただし、現金で買ってしまうのは、あまりおすすめ出来ません。
現金がたくさんあれば、これから紹介するような融資をうける場合に、1基分ではなく、数基分の融資を低金利で受けられる可能性が高まり、レバレッジを効かせる事が出来ます。

②銀行の融資
銀行によっては、産業用太陽光への融資を商品化している銀行があります。もし銀行から借りるのであれば、そういった商品化されたもので借りるパターンがありますが、九電ショック以降、金融機関が太陽光投資に後ろ向きになってしまったのも事実です。
銀行の場合は、住んでいる地域によって、融資出来る、出来ないが決まってしまう場合もあります。
※これは重要なことですので担当者に確認しましょう。
また、太陽光への融資を商品化していない場合は事業性融資となり、さらに融資の敷居が高くなってしまう場合があります。
事業をされている方であれば、お付き合いのある銀行から融資を受けられる場合がありますが、サラリーマンの場合にとっては、銀行とのお付き合いと言えば、住宅ローンくらいですので、銀行から借りるのは非常に難しいのが現状です。

③日本政策金融公庫の融資
日本政策金融公庫は、公庫、国金と呼ばれたりしますが、不動産など担保に出せる方であれば、比較的簡単に借りられます。
無担保融資もありますが、最近は太陽光発電への融資を引き締め出したり、何年か前と比べると少し金利を上げたりと、売電価格の低下で融資の姿勢が変わってきました。
私も公庫から融資を受けていますが、自宅マンションを担保に入れて、かなりの低金利で借りることが出来ました。
また、公庫は知り合いの方経由で紹介されたほうが、断然融資の確率は上がりますので、公庫で融資を受けた方がいれば、ご相談されてみてはいかがでしょうか?
公庫の場合は地銀と違い管轄エリア外(他府県)の発電所でもOKですので物件を探すのが楽になりますね。

④信販ローン(クレジット)
太陽光融資に積極的な、アプラス、ジャックス、イオンプロダクトファイナンスなどの信販会社が提供する太陽光発電向けの融資です。
ただし、アプラス、ジャックス、イオンが利用できる物件は、限定されており、太陽光発電の販売会社がアプラス、ジャックス、イオンなどを利用出来るようになっていないと、信販ローンは利用出来ません。

申込者の属性や資産背景にもよりますが、
アプラスの場合は、無担保 15年 2.4~2.6%台で、1基あたり設備費用として上限なし。
ジャックスの場合は、パネルや土地などを担保にとり、2.3%台で、1基あたり2,500万円でも借りられる場合があります。
イオンの場合は、自宅や所有不動産(担保余力有)担保がほとんど条件にはなりますが、審査に通れば2.1%と今の公庫より低い金利で組める可能性もあります!

信販ローンは審査も非常に早く、契約書類を記入して、信販会社と少し電話をするくらいの手間で融資を実行してもらえます。
融資を受けた際には、融資を受けるための手数料なども一切ありません。
現在トレンドとなっている信販付きの太陽光発電は、非常に人気が高く、出てきてもすぐに無くなってしまう状態が今も続いています。

⑤総まとめ
私としては、1)現金、2)銀行の融資 は非常に敷居が高いと思いますので、おすすめは 3)公庫の融資、4)信販ローンとなります。 
最初の1基目は公庫からの融資。
その後、2基目は信販(クレジット)でチャレンジする方が多いようです。
※信販ローンを先に受けてから、公庫の融資にいく場合は、先に受けた信販ローンが足かせになってしまう場合がありますので、まずはダメもとで公庫に行くのが鉄則です。
または、信販ローン付きの太陽光物件は数も少なく人気ですので、すぐにでも太陽光発電事業を始めたい方は、信販ローン付きが出たら、慎重かつ迅速に購入を考えてみる事をおすすめします。
太陽光についてご相談されたい方は、ぜひお問合せにてご連絡下さい。
私のつたない知識で良ければ、お手伝いをさせて頂きます。

太陽光発電 に関する記事