■出力制御対策セミナーへ参加■

皆さまこんにちは!
太陽光のリンクスブログ更新担当の奥村です。
本日は、9月1日に開催されました株式会社NTTスマイルエナジー社の
【出力制御対策セミナー】で勉強してきた内容をご紹介していきたいと思います。

まず出力制御(抑制)という言葉ですが九州、東北地方の方は
数年前からよく耳にするようになったのでは無いでしょうか?
特に九電ショック時にいきなり発表されたときは、もう「太陽光も終わりだ」等と言われていました。
正確にはいつ、どのように抑制されるかも曖昧な状態だったので抑制なんてかからないという方も私の
周りには居ました。
自分も少ない知識からですが憶測でまだまだ掛かったとしても先の話だから…と言っておりました。

しかし本年7月21日に九州電力より出力抑制についてプレスリリースが!!
※プレスリリース内容は下記URLから確認できます。
http://www.kyuden.co.jp/press_h160721-1.html

九州電力管内の接続可能容量は817万kw
平成28年7月時点で624万kwまできており、いよいよ抑制の準備をと言う事でした。。。

抑制についての考え方や、出力制御のかけ方などまだ不透明な部分も多くあるものの
抑制対象の発電所事業者にダイレクトメールや個別訪問などの対応を進めて行くと。

実際に抑制が掛かる日がいよいよ近いかもしれませんね。

これからどんどん具体的になっていくことは間違いないでしょう。

また進展があった際にはブログでも案内していきたいと思っていますのでよろしくお願いします。

後、対策セミナーってことは何か対策出来ることはあるのか?と思う方もいますよね?自分もそうです。
期待していましたが対策とは設備(パワコン)の事で
抑制が掛からないようにする、掛かりにくくする方法などの対策はありませんでした。

以上

ブログ更新担当奥村からでした。

太陽光発電 に関する記事